選手プロフィール

キーラン・リード

KIERAN READ

ナンバーエイト

主要データ
更新
年令
35
体重
100KG
身長
193CM

経歴

オールブラックス主将としてフィールド全域を支配するキーラン・リードは、極めて高いパフォーマンスとリーダーシップを兼ね備えた安定感のあるプロ選手で、現代ナンバーエイトの本領を発揮しています。

2013年のワールドラグビー年間最優秀選手賞を受賞、ラグビーワールドカップで2勝をあげたリードは、早くからクリケットとラグビーで才能を現していました。ニュージーランド高校代表、年齢別全国代表を経て、2006年にカンタベリー代表でプロヴィンシャルにデビュー。続いてクルセイダーズでスーパーラグビーにも進出し、2007年にはジュニア・オールブラックスに選ばれました。

2012年、ローマのオリンピック・スタジアムでイタリアと対戦した際に初めて主将に就任しました。オールブラックス66人目の主将として以後30試合以上で務めを果たし、2012年から2016年まで19連戦というオールブラックスの世界記録の立役者となりました。さらに2017年、ブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズとの第3戦で、オールブラックスで7人目のテストマッチ出場100回達成者となりました。

2018年インベステックスーパーラグビーのシーズンの大半とスタインラガーシリーズのオールブラックス対フランス戦は腰の負傷と手術のため出場できませんでしたが、インベステックラグビーチャンピオンシップが始まってから復帰し、絶好調で活躍しています。

プロヴィンシャル所属:    カンタベリー

スーパーラグビー所属:    クルセイダーズ