オールブラックス、ファウンデーション・デーに41選手を招集

All Blacks story

当日は、来る国際試合シーズンに向けて確かな基盤を築くべく、オールブラックスのマネジメント陣とトップクラスの選手41名が一堂に会します。

さらに、5月20日には北島を拠点とする選手を、6月3日には南島を拠点とする選手を集めて調整を図ります。

ニュージーランドラグビー協会ハイパフォーマンス部長のマイク・アンソニー氏によると、ファウンデーション・デーの日程は昨年スーパーラグビーのコーチとオールブラックスのマネジメントの間で合意したものだということです。

 

「オールブラックスはラグビーワールドカップを含め、国際試合シーズンまでの準備期間がかなり限られています。スーパーラグビーシーズン中はキャンプに参加する間もありません。ですから、ファウンデーション・デーはオールブラックスのマネジメント陣と代表選手たちがともに今後に向けて基盤を固める機会となるはずです」と同氏。

 

招集された選手は以下の通り。

 

フォワード: デイン・コールズ、リアム・コルトマン、ネイサン・ハリス、コーディ・テイラー、オウエン・フランクス、ネポ・ラウララ、タイレル・ロマックス、ジョー・ムーディ、アンガス・タアヴァオ、カール・トゥイヌクアフェ、オファ・トゥウンガファシ、スコット・バレット、ジャクソン・ヘモポ、ブローディ・レタリック、パトリック・トゥイプロトゥ、サミュエル・ホワイトロック、サム・ケイン、ヴァエア・フィフィタ、シャノン・フリゼル、アキラ・イオアネ、キーラン・リード、アーディ・サヴェア、リアム・スクワイア、マット・トッド、ルーク・ホワイトロック

 

バックス: TJ・ペレナラ、アーロン・スミス、テ・トイロア・タフリオランギ、ボウデン・バレット、デミアン・マッケンジー、リッチー・モウンガ、ライアン・クロッティ、ジャック・グッドヒュー、ナニ・ラウマペ、アントン・リナート-ブラウン、サニー・ビル・ウィリアムズ、ジョーディ・バレット、ジョージ・ブリッジ、リコ・イオアネ、ワイサキ・ナホロ、ベン・スミス